認定看護師 就職

認定看護師の就職先は?【認定に必要な条件】

認定看護師の就職先

ある分野において豊富な知識と高度な技術をもつ認定看護師
この認定看護師になるには、保健師・助産師・看護師としての実務経験が必要です。
またその分野の教育を受ける必要もあるので、認定看護師になるには長い時間が必要となります。
この認定看護師はある分野において極めているものです。
ですので認定看護師になった後の就職先といえば、やはりその分野の科がある就職先となるでしょう。
求人情報検索!保健師の就職

 

認定看護師はある分野において知識と技術を極めた、いわゆるエキスパートともいえる存在です。
ですので医療機関からすればそんな人材はとても欲しいもの。
どこの医療機関に行っても必ず重宝されることでしょう。
しかし医療機関にもそういった優秀な人材が欲しいと思うタイミングがあります。
ですのでそのタイミングに合わせて、就職するといいでしょう。
認定看護師は実務経験が必要なので、大体が就職した状態でその認定を受けることになると思います。
そのまま在籍していた病院で働くこともいいですが、せっかくの資格ですからもっと活かせる場所を探すのもいいでしょう。
忙しいのであれば、ネットの転職サイトで探すといいでしょう。

認定看護師になる為の資格

認定看護師になるのは?

看護師・助産師・保健師の実務経験と特定の分野の教育を受ける必要がある認定看護師。
この認定看護師になるのはとても大変なことです。
簡単になれるものではありませんが、ある分野において頂点を極めたいという意欲がある人には最適な職と言えるでしょう。

 

この認定看護師になるには、日本看護協会の認定と筆記試験と認定看護師審査を受ける必要があります。
まず日本看護協会の認定を受けるには、保健師・助産師・看護師のいずれかの資格を持っていること。
そして実務経験が5年以上あり、そのうちの3年は特定の分野の経験であることです。
また日本看護協会が認定している認定看護師教育課程か、認定看護師の教育に適切とされた教育機関で6か月以上、600時間以上の教育課程を修了していることです。
この教育は外国でも構いません。
この教育を受けた後、筆記試験と認定看護師認定審査を受けることができます。
一年に一回、日本看護協会が行っているものです。
これに合格すれば認定証が交付されることになっています。
アルバイトで看護師をしたい方!

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ